先輩看護師へインタビュー

PERSON

働く人を知る

不安な気持ちに少しでも寄り添って看護するよう心がけて働いています

先輩看護師へインタビュー
入職年 2016年入職
出身校 了徳寺大学
川崎市立多摩病院を選んだ理由
過去に川崎市立多摩病院に入院したことがあり、その時に病棟の看護師さんに優しく接してもらうことが多くありました。「雰囲気の良い病棟だな。こんな環境の良い病棟で働くことができたら、看護師としての成長にもつながる。」と思い、入職を決めました。
大切にしている看護
ICUという環境の中で、患者さんはとても不安を感じていると思います。人工呼吸器を装着している患者さんは思いを表出することが難しいのでその不安な気持ちに少しでも寄り添って看護するように日々心がけて働いています。
働いていて印象に残ったエピソード
患者さんは、ICUに入院中に病態が落ち着くまで辛い体験をしています。過去にくも膜下出血で入院していた患者さんが一般病棟での療養を経て退院になる時に「ICUで辛かったですが皆さんのおかげで頑張ることができました。」とお礼の手紙をいただいた時はとても嬉しく印象に残っています。入院患者さん皆さんにそう思っていただけるように日々頑張っています。

先輩看護師の声

  • 先輩看護師へインタビュー

    2012年入職

    患者さんの想いを汲み取れるように意識しています

  • 先輩看護師へインタビュー

    2016年入職

    不安な気持ちに少しでも寄り添って看護するよう心がけて働いています

  • 先輩看護師へインタビュー

    2019年入職

    アットホームな雰囲気で安心して看護が学べると思い入職しました

  • 先輩看護師へインタビュー

    2019年入職

    選んだ理由は、働きやすい環境にあると感じたからです

  • 先輩看護師へインタビュー

    2019年入職

    地域に密接した医療支援をしている当院を志望しました