各病棟の詳細(循環器内科・腎臓高血圧内科・神経内科)

TEAM

部署紹介

4階東病棟 循環器内科・腎臓高血圧内科・神経内科

各病棟の詳細(循環器内科・腎臓高血圧内科・神経内科)

部署の特徴を教えてください。

4東病棟は、循環器内科の心臓カテーテルによる冠動脈疾患・不整脈の検査及び治療を行う患者さんが多く入院しています。心疾患に関する学習を重ね、異常の早期発見・対応に努めています。腎臓高血圧内科は、腎臓病の理解と日常生活についての教育、そして透析導入となった方への社会復帰のための看護を実践しています。脳神経内科では、麻痺等の後遺症のある方の看護を中心に、急性期ケアや家族ケア、退院調整では地域・多職種との連携などを実践しています。

部署で習得できる看護について教えてください。

循環器内科では心臓カテーテルの看護や心疾患のフィジカルアセスメントや急性期看護と退院に向けた患者指導を学ぶことができます。腎臓高血圧内科では腎臓病の日常生活についての教育や血液透析・腹膜透析導入となった方への教育と退院指導を学ぶことができます。脳神経内科では、麻痺等の後遺症のある方のフィジカルアセスメントや急性期看護と退院調整では地域・多職種との連携などを学ぶことができます。

部署の教育方針について教えてください。

4東病棟では教育係を中心に副師長・主任で継続した支援を行っています。また、各科の医師と月に1回の話し合いを通して、全体学習会の企画を行い学べる環境を整えています。患者さんを受け持つ際も、先輩看護師と新人看護師のペアリングを行い、日々OJTでの学びができるようになっています。先輩看護師も新人看護師を指導・支援する中で新たに学び直す機会としています。日々の看護師カンファレンスや多職種カンファレンスを通して、患者さん・家族に寄り添った看護を考えられる看護師の育成を目指しています。